ワードプレス

 WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアを獲得している、無料で使えるブログソフト(CMS)です。

WordPress自体にブログとしての機能やページを更新するための仕組みが組み込まれているため、サイトを作成・更新が今までのツールよりも簡単にできます。

さらにHTML・CSSの知識があれば、簡単に多機能なホームページを作成することができるため、個人ブログから企業のコーポレートサイトまで、幅広く利用されています。

WordPressの長所と短所は裏返し

長所と短所を端的に2つずつにまとめます。

WordPressは個人の方はもちろんのこと、ホームページ作成会社や制作を行うデザイナーなど「プロ」にも利用されています。プロが利用できるだけの拡張性と自由度があることが長所の一つ。さらには無料であることも長所です。

反面、自由度が高いということはそれだけやらなくてはならないことが増えるということ。また無料であるということは、基本的には自分ですべてやらなくてはなりません。そのためお金というコストはかからないものの学習するための「時間」というコストがかかるということでもあります。

WordPressの長所
~拡張性が高く、自由なホームページが作成できる~

WordPress(ワードプレス)でホームページを作る長所(メリット)は、次の通りです。

長所1.おしゃれでかっこいいデザインのテーマテンプレートが豊富

WordPress(ワードプレス)には、たくさんのおしゃれで、かっこいいデザインのテーマテンプレートがあります。

有料のテンプレートと無料のテンプレートがあり、無料のテンプレートはワンクリックでダウンロードできます。

ただし無料のテンプレートには2つの注意点があります。

1つ目はおしゃれなデザインの多くが海外クリエイターが作成したテーマなので、サンプルのホームページは英語で作られています。英語で作られたホームページを見るとおしゃれなのですが、実際に使う際に日本語でページを作成するとイメージが変わってしまいます。

2つ目は、テーマのサンプルで用意されているホームページ(主にトップページ)はHTML・CSSを使用してカスタマイズされています。ご自身で用意されたWordPress環境にテーマを反映しても、サンプルのホームページと同じようにはならない場合が多いので注意が必要です。テーマによっては、独自で作成された機能を搭載しているものもありますので、テーマを頻繁に変更すると、急に機能が使えなくなってしまうということも。

無料でダウンロードしたテーマで作りたいホームページが作れればよいのですが、細部に拘りたい場合などは有料のテンプレートを購入することも一つの手段といえます。

長所2.無料でシステムを使うことができる

WordPress(ワードプレス)は無料で使うことができます。

ホームページをChromeやSafariなどのブラウザで表示させるために、サーバーやドメインを自分で用意する必要はありますが、WordPressのシステム自体は無料でダウンロードでき、何個使用しても利用料をとられることはありません

無料のホームページ作成サービスで、独自ドメインを設定すると有料になるといったサービスもございますが、WordPressは独自ドメインを使用しても無料で使うことができます。

WordPressを使ってホームページを作成した場合にかかる費用は、サーバー代と独自ドメイン代くらいです。
ただし、WordPressを使う場合、すべてを自分で行うことが前提になるので「無料」であるといえます。
もしこれを外部に頼むとなると制作会社などに頼むことになりますが、この場合は無料ではなく通常のホームページ作成費用がかかります。

長所3.ブログのようにページの作成・更新ができる

WordPress(ワードプレス)は、ブログ形式でホームページが作成できるツールです。

ブログのような感覚で、簡単にページの作成・更新ができるので、難しい操作方法を覚える必要がありません

定型的なレイアウトに当てはめながらの作業にはなりますが、基本的には「文字の入力」と「画像の貼り付け」だけで簡単にホームページを作成・更新していける点こそ、ワードプレス最大のメリットといえます。

ただし、あくまで「基本的には」となりますので「自分が作りたいサイト」が簡単にできるか、は別の問題になります。

長所4.やりたいと思ったことはなんでも実現できる

「商品カート」「クレジット決済」「出勤カレンダー」といった機能もプラグインで追加することができます。

WordPressはPHPというプログラミング言語で作られているCMSなので、PHPを駆使すれば、だいたいの機能が作成可能です。思い描いた機能をなんでもできるのですが、ここでも自分でつくるのであれば技術と作業時間が、制作会社に頼むとなれば一般には少なくない費用が必要になります。

長所5.カスタマイズが自由自在。ただし一定以上のスキルが必要

カスタマイズの自由度が評判のWordPress。プログラミングのスキルがあれば、ホームページの環境や機能、デザイン、構成などを、自由自在にカスタマイズすることができます。

そのため、「HPを自分の手で自由に構築したい」「0からじっくり作り込みたい」と考えている方にはおすすめです。
ただし自由自在にカスタマイズするためには、HTMLやCSS、PHPといった専門知識が必要となります。これらの知識を習得するためにはある程度長い期間の学習が必要です。短期間で最小限の手間でホームページを作りたいと考えている方には向いていないといえます。

このように、「無料」であるとしても「学習時間」という目に見えないコストをどう考えるかという問題があります。
もちろん、人によって「学習時間」のコストは変わりますので、一概に悪いとはいえませんが、ホームページの運用ではこのような「目に見えないコスト」も認識すべきです。

長所6.プラグインを使うことで、いろいろな機能を追加できる

WordPress(ワードプレス)の特徴の1つが、プラグイン(機能を拡張するためのプログラム)の豊富さです。

通常、ホームページに様々な機能をもたせようとするとプログラミングの知識が必要となります。プラグインを使用すれば難しいプログラミングを行なう必要がないので、パンくずの設置やフォームの作成、動画の埋め込み、ショッピングカートの組み込みなどを簡単に行うことができます。

ただし、細かい設定をしないと動かないプラグインもあります。

プラグインの中には日本語に非対応のものあり、複数のプラグインを使うと組み合わせによっては動かなくなる場合も。

非公式のプラグインをインストールするとウイルスに感染してしまう場合もありますので、注意が必要です。